小学館クリエイティブ・オフィシャルサイトへ

ストップ!!ひばりくん! 江口寿史 WORKS COLLECTION江口寿史 WORKS COLLECTION

Profile

江口 寿史(エグチ ヒサシ)

1956年3月、熊本県水俣市生まれ。1977年2月、週刊少年ジャンプにて「恐るべき子供たち」でデビュー。同年4月、「8時半の決闘」で赤塚賞準入選。同年9月、週刊少年ジャンプにて「すすめ!!パイレーツ」連載開始。ギャグ漫画家として本格的にスタートをきる。以後「ひのまる劇場」「ストップ!! ひばりくん!」「エイジ」「寿五郎ショウ」「なんとかなるでショ!」「BOXERケン」などの作品を発表。1983年よりフリーになり、イラストレーターとしての活動も開始。1992年から5年間担当した「デニーズ」のメニューイラストをはじめとして、雑誌、広告、小説本の装丁、CDジャケット、アニメ映画のキャラクターデザイン等、幅広く手掛け現在に至っている。1992年には短編集「爆発ディナーショー」で、第38回文藝春秋漫画賞受賞。

オフィシャルウェブサイト:Eguchi Hisashi KOTOBUKI-STUDIO

Iterview

江口寿史先生インタビュー動画

Works

「ストップ!!ひばりくん!」

ストップ!!ひばりくん!

漫画家・江口寿史が『週刊少年ジャンプ』に掲載した大ヒット作。主人公のひばりくんは、女の子の容姿をしているが、じつは男の子という設定で、当時の少年・青年読者に衝撃を与えただけでなく、多くの女性読者も獲得しました。80年代という時代の雰囲気を音楽やファッション、有名人や人気アイテムなどのポップカルチャーで表現し、どこまでも軽やかに時代を切り取って見せたその時代感覚はいまでも、新鮮さを失っていません。江口ギャグとエッセンスがすべて描きこまれた少年ギャグ漫画の革新的作品といえます。

「すすめ!!パイレーツ」

すすめ!!パイレーツ

本書は、江口寿史が『週刊少年ジャンプ』に1977年から80年にかけて連載し、当時の少年たちに強く刻印を残した初期大ヒット作です。千葉県がホームの野球チームを常勝チームにするべく、熱血少年・富士一平が個性豊かなチームメイトとギャグシーンを繰り広げてゆきます。

「WORKs」

WORKs

漫画家でもあり、イラストレーターである著者が1995年から2008年の現在までの13年間に描いたイラストワークスの集大成!

このページのTOPへ

小学館クリエイティブ オフィシャルサイトへ