GAMANGA BOOKS

第2弾「まんが道」

第2弾 藤子不二雄A「まんが道」 【全10巻】 幻のカラーページを初めて再現!!
3,4巻 2012年12月20日同時発売!!
購入する

まんが道1

  • ISBN:9784778032210
  • 発売:2012/11/20
  • 定価:1,300円+税
  • 仕様:四六判/248ページ

[あすなろ編]

「おれのこれからの道はまんが家への道なんだ…」。終戦後、城下町・高岡に転校した漫画好きの少年・満賀道雄は、自分同様に漫画に情熱を注ぐ友人に出会う。すでに漫画家になることを決意していた才野茂の熱意さに満賀も決意を新たにする。二人して肉筆回覧誌をつくり、憧れの『漫画少年』へ投稿するなど、漫画熱は高まるばかり。そして漫画の神様・手塚治虫の「新宝島」が二人の前に現れる…。

購入する

まんが道2

  • ISBN:9784778032227
  • 発売:2012/11/20
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/468ページ

[立志編1]

戦後漫画を革新する手塚治虫の「新宝島」の衝撃は満賀道雄と才野茂の漫画熱に火をつける。二人は憧れの手塚に会うため上京。宝塚の手塚邸で見たのは、「漫画の神様」が執筆に注ぐ真摯な姿だった。深い感銘を受けた二人は『漫画少年』入選を機に、ペンネーム「足塚茂道」のもとで合作を始める。「どんなことがあっても一生まんがをすてないようにしよう!」。長い道のりの入口に立つ二人だが…。

購入する

まんが道3

  • ISBN:9784778032234
  • 発売:2012/12/20
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/372ページ

初めての大作「ユートピア」を1年がかりで完成させた満賀と才野は、夜行列車で上京し、出版社へと持ち込む。二人にとって運命的な場となるトキワ荘で、雲の上の存在だった手塚治虫とも再会。単行本化のため、原稿を託すことに。思いがけない収穫を残し、帰京した満賀を待ち受けていたのは、その将来を誰よりも応援してくれた女性の悲報だった。波瀾の高校生活を終え、満賀と才野は社会人としてそれぞれ第一歩を踏み出すが…

購入する

まんが道4

  • ISBN:9784778032241
  • 発売:2012/12/20
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/552ページ

[青雲編1]

藤子不二雄?と藤子・F・不二雄をモデルにしたふたりのマンガ少年が、デビューを果たして上京、トキワ荘というアパートで同世代の若いマンガ家たちと生活をともにしてプロへの道を歩む姿を感動的に描く。
『まんが道』に出会わなければマンガ家になっていなかった」と語るマンガ家も少なくないほど。戦後まんがの青春期の光芒が刻まれた重要作を愛蔵版で刊行します。

購入する

まんが道5

  • ISBN:9784778032258
  • 発売:2013/01/25
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/488ページ

[青雲編2]

新聞社に就職し、初めての社会人生活で緊張の日々を送る満賀。1日で会社を辞めた才野は漫画家を目指し背水の陣をしく。そんな二人のともに月刊誌からの初めての連載依頼が。いよいよ本格的にまんが家への道を歩み始める二人だったが…。

購入する

まんが道6

  • ISBN:9784778032265
  • 発売:2013/01/25
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/432ページ

[青雲編3]

新聞社の仕事におもしろさを感じ始めた満賀だったが、まんがに専念することを決意。才野とともに上京生活を始める。両国の親戚のわずか2畳の部屋で下宿しながら、トキワ荘の先輩の寺田ヒロオを中心にした新漫画党の結成に参加する。

購入する

まんが道7

  • ISBN:9784778032277
  • 発売:2013/02/22
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/544ページ

[青雲編4]

月刊誌からつぎつぎに原稿の依頼を受け、新人漫画家として活躍を始めた二人に、師と仰ぐ手塚先生から、自分が引っ越した後のトキワ荘の部屋に代わりに移ってくるように勧められる。いよいよ、トキワ荘での生活が始まる。

購入する

まんが道8

  • ISBN:9784778032389
  • 発売:2013/02/22
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/564ページ

[青雲編5]

同じ志で結ばれたまんが青年たちと楽しい生活を送りながら、ふたりはつぎつぎに別冊や連載の依頼を受ける。プロとして、締め切りを死守するため徹夜続きの日々を送るのだが…。

購入する

まんが道9

  • ISBN:9784778032296
  • 発売:2013/03/25
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/568ページ

[青雲編6]

締め切りに追われ、担当者を降板させてしまったふたりはプロとしての厳しさを痛感。命懸けで仕事に臨むが、帰郷した気のゆるみから、仕事に大きな穴を開けてしまう。失意のふたりは先輩・寺田の言葉に動かされ、再起をかける。

購入する

まんが道10

  • ISBN:9784778032302
  • 発売:2013/03/25
  • 定価:1,800円+税
  • 仕様:四六判/392ページ

[春雷編]

迷惑をかけた編集者にわびをいれて回っていたふたりは手塚先生や旧知の編集者らに助けられ、再起。雑誌連載も舞い込み、まんが家生活に打ち込む。はじめた連載が人気を呼び、ようやくプロとしてまんが道が軌道にのりはじめるのだった。